中古マンションの販売価格は?

住宅選びには、エリア、間取り、価格、資産価値と、様々な要素がありますが、その中でもご自身の住宅ローンや、予算との兼ね合いがある物件価格は大きなファクターです。
では、中古マンションの販売価格はどのように決まるのでしょうか?多くの場合、売却希望の所有者は、不動産会社を通じて、所有するマンションの査定を行ないます。
査定額を決める要素は、築年数、新築時の販売価格、同じマンション、または近隣エリアでの売買成立価格や現在売り出し中の販売価格、公示地価等様々ですが、不動産会社によってそれ程大きな差はありません。
そして、その査定額に最近の景気動向、購入希望者の状況を勘案して、販売額のアドバイスを所有者にします。
最終的には、売却を希望する所有者がその査定額や住宅ローンの残債状況などを参考にして販売価格を決めます。
そのため、同じようなエリア、条件のマンションでも価格に大きな差がある場合もありますが、市場原理が働くことで、同じような価格帯に落ち着いていきます。