住宅ローンの失敗しない選び方とは?

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。
住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。
住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。
諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。
住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。
多くの方が申し込み〜3.
4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

住宅ローンの失敗しないお得な銀行選びのコツ