お金のかかる帰省を節約!料金が格安の高速バスや料理でも節約できる?

年始年末やお盆の帰省は、久々に実家に帰って家族に会える機会とあって、行く方にせよ待つ方にせよ欠かせない一種の行事となっています。

しかし、これが遠方の移動となると問題になるのが帰省にかかる交通費です。

たとえば、東京から福岡まで新幹線を使うとすると、片道およそ22000円以上かかってしまいます。

つまり往復すると4万円以上かかる計算になるのです。

これは新幹線だけでなく、もちろん飛行機の移動にかえても結果はほぼ同じです。

しかも、これは1人のケースですが、もし家族がいれば金額はこの数倍に跳ね上がります。

厳しい経済状態が続く中、この出費はあまりにも大きいといえるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、高速バスの利用です。

高速バスとは、一般に高速道路を使って遠方の都市間を移動するバスのことを言います。

多くは、夕方から深夜に出発し、翌朝早朝に到着するといった形を取ります。

ですから、乗ってしまえばあとは車中泊で、目が覚めた頃には目的地に着いているという気楽さがあるのです。

全席座席指定でトラブルを招かないよう男女の席はきちんとわけられているので安心できますし、また帰省に伴う大きな荷物も積みこむことができ、とても便利です。

もちろん、料金は格安で新幹線や飛行機の半額程、つまりこれらの片道料金でバスなら往復できてしまうのです。

節約レシピ一週間献立

中には割引をしていない路線もあるとのことなので会社を選ぶ際には前もって確認しておくと良いでしょう。

もとからかなりお安い料金設定なのでもしかしたらあるかも、くらいに考えていた方が良いかもしれません。

東京大阪間はウィラー等の夜行バスがよく走っている区間の一つと言えるでしょう。

8時間ほどの移動で一万円に満たない料金のものが多いです。

この区間で別の移動手段を使うとすると新幹線なら3時間になりますが費用的には15000円弱ほどになります。

飛行機で行くなら飛行時間は1時間ほどですがネックは交通の便と費用面で安くても一万円です。

そう考えていくとバスでの移動は費用面で最も恩恵が大きいと言えるでしょう。

もちろんだからと言って安ければ良いというわけでもないでしょうし利用する際はその目的や希望を明確にしてから選びましょう。

乗り物に酔いやすい人にとって旅の移動は一種のプレッシャーになる場合があります。

気持ち悪さで楽しい旅行も台無しになりかねません。

特にほかの乗客もたくさん乗っている長距離バスでの移動は酔ってしまったときに対処するのが難しくなります。

よってここではいくつか車酔いしないためのコツをご紹介します。

第一に前準備としては脂っこくない食事を適量食べ、薬を飲んで不安感を減らしましょう。

特にお腹まわりをしめつけない服装を選ぶのが吉です。

乗車中におすすめの飲み物は炭酸水。

景色は近くより遠くを見る方が酔いにくいです。

はじめてのウィラー等の夜行バスでの移動をできるだけ楽しみたい人は長時間移動による乾燥やむくみなどの対処法を覚えていくと良いでしょう。

飴やマスク、マッサージグッズなどを上手に使うと良いと思います。

またバスの発着所は必ず確認しておく必要があります。

当然ながら路線バスの停留所とは異なりますので地図はすぐ確認できるようにし集合時間や発車時間には確実に着けるよう行動しましょう。

移動が夜の間なら乗車中は寝ると思うので楽な格好を心がけ寝る前や起きた後の身支度に必要なものは車内に持ち込んでおきます。

それから大事なものは貴重品ケースなどに入れ持っておくと安心です。

ウィラー等の夜行バスの乗車券はどうすれば手に入るのか?そんな人のために主な予約方法をいくつか挙げてみようと思います。

一番手軽にできるのはネットからでしょうか。

空席状況の確認や席の指定がリアルタイムで簡単にできますし実際乗るのはどんなバスなのかなども画像で確認することができて便利です。

また電話からも可能です。

わからないことや聞きたいことがある場合は電話で聞いてみるのも良いかもしれませんね。

また会社によっては窓口で直接乗車券を買えたり近所のコンビニにある端末で買えたりするところも。

自分が利用したい会社について確認してから購入しましょう。