お金のかかる帰省を節約するなら料金が格安の高速バス?

年始年末やお盆の帰省は、久々に実家に帰って家族に会える機会とあって、行く方にせよ待つ方にせよ欠かせない一種の行事となっています。
しかし、これが遠方の移動となると問題になるのが帰省にかかる交通費です。
たとえば、東京から福岡まで新幹線を使うとすると、片道およそ22000円以上かかってしまいます。
つまり往復すると4万円以上かかる計算になるのです。
これは新幹線だけでなく、もちろん飛行機の移動にかえても結果はほぼ同じです。
しかも、これは1人のケースですが、もし家族がいれば金額はこの数倍に跳ね上がります。
厳しい経済状態が続く中、この出費はあまりにも大きいといえるでしょう。
そこでおすすめしたいのが、高速バスの利用です。
高速バスとは、一般に高速道路を使って遠方の都市間を移動するバスのことを言います。
多くは、夕方から深夜に出発し、翌朝早朝に到着するといった形を取ります。
ですから、乗ってしまえばあとは車中泊で、目が覚めた頃には目的地に着いているという気楽さがあるのです。
全席座席指定でトラブルを招かないよう男女の席はきちんとわけられているので安心できますし、また帰省に伴う大きな荷物も積みこむことができ、とても便利です。
もちろん、料金は格安で新幹線や飛行機の半額程、つまりこれらの片道料金でバスなら往復できてしまうのです。
節約レシピ一週間献立