香水の歴史について

みなさんは、香水の定義と歴史について何かご存知のことはありますか? 「ベビードール」「パリジェンヌ」等といういろいろなブランドが人気を博しているイヴ・サンローランの香水ですよね。 これらの香水は、ファッション初心者から熟練者まで、幅広い層に、とてもよく支持されています。 ただ、香水というアイテムは、ファッション初心者にとっては、なかなか扱いづらい部分もあって、敬遠される事も少なくないようです。 実際に初心者が選んだ結果、その場にそぐわない匂いだったり、香りが強すぎたりして、周囲に変な目で見られる...という話は、良く聞きますよね。 そうならないために、しっかりと香水の基礎知識を学んだ上で「ベビードール」等の香水を愛用するように、心がけると良いですよね。 香水は、はるか昔からありました。 しかし、昔はファッションアイテムではなくて宗教的な道具として使用されていたのです。 その後、中世ヨーロッパ等で「臭い消し」として、使われるようになるのです。 当時の中世ヨーロッパは、衛生環境が非常に悪くてかなり悪臭が漂っていたので、貴族などの富裕層は香水を使いその臭いを消していたというわけなのです。 その当時、香水はかなりの高級品だったのですが、時代を経て近代においては、嗜好品かつファッションアイテムとして利用されるようになったのです。 時代が求める役割に応じ、香水はその価値を変えてきました。