ETCカードの審査はゆるい?申し込み方法とは?

持っていると便利なETCカード付きクレジットカードの審査は色々なローンに関する審査に比べると容易いケースが多く大部分のクレジットカード会社がネットから24時間いつでも申し込みが可能です。

何か過去にローントラブルが無ければ申し込み方法は簡単で短時間で審査が終わる場合が多く審査通過後、通常1週間程度で本人宛にカードが郵送されます。

クレジットカードはキャッシュレスで支払ができるので手軽に精算ができるため、レジで手間取ることがなくなります。

利用による手数料で運営会社は利益を得ていますが利用者だけでなく店舗からも徴収されていることは一般ユーザーは知らないと思います。

支払う金額の割合は加盟店の営業内容によって差があり家電量販店やコンビニなどは一番低く1%から1.

5%に設定されています。

3回以上のショッピングローンにすると利用者も支払わなければなりませんので毎月の利用額に金利が加算されて口座から自動引き落としされます。

3回未満の支払に対して利用者が負担する料金が発生しないのは「買い逃がし」を防ぐための運営会社から加盟店への配慮なので店舗が利用代金の負担を要求してきても、それは加盟料なので負担すべき料金ではありません。

現在では大多数の方が、高速を利用する際にはETCカード付きクレジットカードを利用しています。

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので毎日工夫しながら節約する事は大事ですね。

毎日の節約に役立つのが、現金なしでショッピングできる1枚です。

支払いの時に使って済ませるとポイントが付きます。

このポイントを利用すると色々な商品と交換する事が出来ます。

効率良くポイントを貯める為にはポイント返しの率が良いもの使用してすべての支払いを済ませるのが良いでしょう。

手持ちがさみしいときでも買い物が難なくできる1枚、その支払い方法は一括で支払う方法・分割で支払う方法・ボーナスで支払う方法・などがあります。

ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金をよく利用する人はさらにポイントが貯まるのでお得になります。

リボ払いで支払う方法は分割で支払う方法と違っていて月々決められた金額をその会社に支払います。

月々の支払いを一定にする事ができるので家計の管理がしやすくなるのが特徴です。

しかし、この方法を選択すると手数料もかかりますので毎回支払い方法に選ぶ事は避けた方が良いでしょう。

便利な物ですが支払いは計画的に行ってください。

ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますがカードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

ETCレーンに入る際はレーンの信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下の速度で通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、レーン備え付けのインターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが皆さんも使っていますか?NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとまだETCを使ったことがない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

高速道路の料金が自動で引き落とされるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

「ETCカードを使って給油はできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレジット機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中に休憩をしようと一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

就職や転勤などで大都市へ引っ越すと車に乗らなくなります。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを所持している方はカードの解約を考える方が多いと思います。

親となるクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きの方法に関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日というように手続きが完了するまでの期間に差がありますので郵送したからといって即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分を読まないように真二つに切断し、外から見えない袋に入れるなど隠した後に燃えるゴミとして処分してください。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

制度について簡単に書くとETC・クレカともカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座からまとめて後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生だとクレカは作れないんじゃない?と思う方もいると思いますがクレカの種類の中には学生専門クレカもあるくらいで社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、早めにクレカを作るメリットとしてポイント還元率のアップやある年齢まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車に乗られる方はETCカードの申し込みも同時に申請しておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを増やすことで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

ガソリンスタンドでは現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路を使う方はこのように給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

ETCカードを使って高速道路の出口を通過する際、何事もなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし車載器側でエラーが発生したらエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

バーが上がらなかった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

停車時は事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

レーン備え付けのインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

ほとんどの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますが入り口でETCレーンを通過していれば割引は適用されるので安心してください。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですが、取り扱っている会社が多くてどのカードを申し込めばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が見る部分が年会費や更新費用でしょう。

年会費については大きく分けて3つに分類され、年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年間で1回以上の利用があると年会費がかからなくなるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費有料のタイプがあります。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だった場合、多くの場合更新費も有料になっていることが多いです。