NISAのキャンペーンって何?口座開設でメリットがあるの?

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回変更することができるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAと積立NISAの違いは、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?あなたがもし初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

これは預金と比較してどうかということではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、非課税期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの非課税期間は2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。NISA口座を作るだけでキャンペーンがあるほど注目されているのです。

参照:http://www.kabuho.net/nisa%E5%8F%A3%E5%BA%A7%E9%96%8B%E8%A8%AD%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3.html

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、ネット証券がおすすめです。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的低リスクな債券も対象外です。

外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を株式投資に回すことで、経済全体が活性化するのでは?と考えられて生まれたのだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

キャンペーンがあってもNISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という非課税期間の期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。